スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

島ぞうりを彫ってみました

2011-08-06
こんにちは、道刃物の営業キカイです。

突然ですがみなさん 「島ぞうり」ってご存知ですか?
ソールが二層式になっており
表面の白い部分を彫って模様を描くというものです。
出来上がった島ぞうりはもちろん
普通のビーサンと変わらず履いて楽しむことが出来ます。
自分の絵をファッションの一部として外に持ち出せるわけです。

最近じわじわ流行りだしている島ぞうり。
刃物屋として実際に、なんにも見ないで彫ってみました(笑)。



道ぞうり. 

遠目から見ると一見普通ですが…

道ぞうり2. 
よく見るとガタガタ(汗)。
「彫」の左側は首の皮一枚という感じです。

むむむ、思ってたより難しい。
刃は斜めに入ってたり真っ直ぐだったり。
試行錯誤でやりましたがなんとか彫れました。
どうやればきれいに彫れるのか?疑問は残りましたが…。

会社にあるいろいろなカッターで試しましたが
ダントツでよかったのがゴムハン用の「ラビーナイフ」。
島ぞうりの表面のように弾力のある柔らかい材質には
薄刃で先出しの短いものが適しているようです。

そうこうしていると、なんと
「島ぞうり体験ワークショップがある」という情報が。
正しい彫り方がどうしても知りたかった私。
実際に、お邪魔して参りました。


この続きはまた今度。




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
ランキング参加中です。

カテゴリ :商品情報 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。