スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

QRてん刻セット!

2011-03-22
こんにちは。
新人スタッフのキカイです。
 

この度我が道刃物では、
また新たなセット企画を立ち上げました。
その名も

「QRてん刻セット」 !!





「は?」って思われる方も
たくさんいらっしゃると思います(笑)。


コンセプトは
『自分のQRコードを持ち歩こう』です。
丈夫で情報量を多く格納できるQRコードを
てん刻で作り、持ち歩けば
プリンターなしでもいつでもどこでも
QRコードを提示出来ます!

でもそんなの、手軽に作れるのか?

答えは「YES」。
要するにそれ専用の刀があればいいのです。
そこで今回、QRてん刻専用てん刻刀
「極細サラエ」を製作し、
それで実際に彫ってみました。
作り方も合わせてご覧下さい。

製作マニュアルですので、長文です(汗)。

********
 

QRてん刻製作手順


①QRコードを作ろう。

まずはQRコード作成サイト
ブログやホームページのQRコードを作りましょう。
ただその際、情報量が多すぎると
QRコードのセル(構成する点)の数が増えるので
先にこちらのURL短縮サイト
URLを短くしてからQRコードを作って下さい。
この作業をはさむことでURLの長さを合わせ、
ちょうどQRてん刻に合った大きさの
QRコードを作ることが出来ます。
(セル数が自ずと29になるはずです。)


②プリントアウトしよう。

それが出来たら石の大きさにあわせプリントアウト。
のちのちトナー転写(詳しくは後述)をするので
コンビニのコピー機やレーザープリンターで
行ってください。
大きさの調整が難しい、わからない!という場合は
まず適当な大きさでプリントアウトし、
コピーする際に拡大か縮小することで
大きさを合わせられます。
これが一番楽なやりかたかも。

画像 001 
↑こちらが今回作ったQRコード。
印材が24mmなのでそれに合わせました。
周りは最後に面取りするので
大体23mmくらいにしておくとよいです。


③転写しよう。

次は転写。まずは下準備です。

画像 002 
印刷したインクが乗りやすくなるように
印面を800番のペーパーで整えます。
画像にはありませんが
てん刻プラバイスを使って作業すると
斜めになりづらく、きれいに削ることが出来ます。

先ほど言いましたように、転写はトナー転写法です。
どういうのか?というと

画像 003 
↑このように、プリントアウトした紙を
インク側が印面になるように固定し、
マジックインキを塗って転写する方法です。
マジックを塗ったら5秒ほど置き、
マジックのそこなどで全体を軽く擦ります。
塗り過ぎると点がぼやけるので
程よく行いましょう。
ちょっとコツがいるかも知れませんが、
失敗してもまた印面を削ってしまえば
何度でもやり直し出来ます。
大丈夫大丈夫。
初めは練習のつもりで!


画像 004 
こんな感じで出来ました。
おー、きれいきれい。


④さぁ、彫るぞ!

それではいよいよ、彫りです。
彫る時は、元々のQRコードを反転したものを
手元に置きながら作業すると
間違いが少なくてよいです。
保存したQRコードを画像処理で反転させ
そのままプリントアウトすればOK。 

画像 005  
要するに「見本」にするわけですね。

では実際に彫りましょう! 
使用する極細サラエは 


 
極細サラエ(刃先) 
↑こちらです!
んー、鋭くてカッコイイでしょ(自画自賛)。

刃先の幅は0.8mm。
これが大体、このサイズのQRコードの
1セル分の幅です。
そのため、1セルを一削りで彫れます。

  画像 006 
これ、従来のてん刻刀でやろうと思ったら
気の遠くなる作業です…。

はじめは浅めに溝を作り、
徐々に深く刀を入れていきましょう。
深さは1mmほどで充分です
焦らず、ゆっくり。
そうすれば大きな欠損も出にくいです。

画像 007 
コツコツ彫って、出来ましたぁ!
最後に印刀を使って、周りの面取りと
細かいところの仕上げをします。

捺す前に、はじめ同様800番のペーパーで
印面を仕上げます。
細かい傷を取るためです。
それにより多少セルが大きくなっても構いません。


画像 008 
はい、こちらが印影です。
読めますよね?

この時もし読み取らなくても
さらにペーパーで軽く仕上げると
読み取ってくれるようになります。

それでもダメなら…、うーむ残念!
240番の荒いペーパーで削って、②からやり直しです。
ですがこの「削ればやり直しが出来る」ってとこも
てん刻ならではのいいところです。


**********

私は以前ゴムハンで
QRコードを彫ったことがありますが
これが意外と、てん刻の方が作りやすい!
ゴムハンほど切り込み作業がなく
目の前でどんどん出来ていく、という印象です。 

完成後の満足感といったら…、この上ないです(笑)!
 
是非みなさんにもこの満足感を
味わって頂きたいっ。
そしてこれをきっかけに、てん刻の楽しさを
知って頂けたらな、なんて思います。

ということで、QRてん刻セットのご案内はコチラです。
みなさんも是非、レッツチャレンジ!!

ご静聴、ありがとうございました~。




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
↑ポチッとお願いします!
カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。