スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

木版画年賀状を作りました

2015-12-09
こんにちは、道刃物工業の営業・キカイです。

めっきり寒くなりましたね!
みなさまお元気にお過ごしでしょうか。

12月毎年恒例行事となっている
道刃物手作り年賀状制作。
会長からその担当を引き継ぎ
私キカイが作るのが、もう早いもので6回目となります。

来年は申年。そして私も申年。
そうです年男です。
そんなこともあり、これまで以上に思いを込めて
年賀状制作に取り掛かりました。
完成品はまだお見せできないので
過程だけお伝えいたします。

これまでの木版画年賀状はかわいい感じになっていたので
今回はちょっとリアル路線でいってみました。


猿版画1 
画像で印刀使ってますが、毛並が多かったので
ほとんど三角刀で彫りました。
印刀でやるより勢いが出ます。

猿版画2
2版彫り終わったところ。

しかし顔の線と毛の骨版と、顔面の色版に2版で行くつもりが
途中で毛を2色でやりたいなーと思い出してしまい
結局この後もう1版増え3版に。
摺る回数は増えますが、同じ版で色が重なっちゃうと
摺る時大変なので、版増やした方が賢明ですね。
なんせ摺る枚数が枚数なので。。。
猿版画3
奥にあるのが2版摺ったところです。
弱い色から摺っていき、最後に手前にある
黒に近い茶色を重ねます。
絵具に対して同じ体積くらいの糊をまぜ
水は絵の具と糊の合計と同じくらいの量かな。。。
いつも目分量なので大体ですが。

摺ってみてカサカサになるのは水が少ないので水を足します。
ビチャビチャになるのは版に水分が多すぎるからなので
若干湿ったハケで、それをうまいこと調整します。
まー、枚数摺っていくとなんとなくわかってきます!(笑)


猿版画4
摺った枚数100枚!
摺りだけでトータル4時間ほどかかりました。
版数×枚数で摺り回数300回。
軽い修行ですね(笑)

今年は各イベントで木版画実演をよくやったためか
版面調整も慣れたもので、大失敗というのは出ませんでした。
慣れれば慣れるほど楽しくなる木版画。
みなさんも是非木版画年賀状にチャレンジしてみて下さい!


カテゴリ :豆知識 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。