スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

2014年 今年最後の中国出張に行ってきました!

2014-12-08
今年最後の訪中です。
学生の時から数えて過去何度中国に行っているのでしょうか。

20141206_100343.jpg 

今回は羽田から上海虹橋を飛行機でひとっとび、
その後は地下鉄乗り継いで、新幹線で常州へ。
もう慣れたものです。
大きなターミナル駅でも物怖じしなくなりました。


今回は能面の彩色に使用する面相筆のメーカーへ。
実際の筆を作っている現場を見て、体感し、検品打ち合わせ。
1本数百万円もする筆を作っており、日本国内の大手書道メーカーへも卸しているようです。
ちなみに面相筆の毛は今まで夜行性の犬の毛と思ってましたが
ムジナ(狸の一種)の毛らしいです。

20141204_112515.jpg

20141204_112106.jpg

そして恒例となってしまった田中賞授賞式。
昨年は中国語を事前に文章にしてましたが、今年は日本語で話し
訳してもらいました。100人を前にし、自分の言葉に耳を傾けてくれ、拍手拍手でついつい・・・。

P1040426.jpg

P1040414.jpg

その後は受賞者を招待しての宴会。
もちろんこの時期最高の珍味と評される上海蟹!!
しかも雄と雌を1杯ずつ。
10数年前に比べると3倍近くもなっていますし
日本に持って帰れないのが残念でなりません。

20141204_183326.jpg

そして念願だった南京にある金陵刻経処へ。
ここは今でも箱庭のように閑静で優雅な中国古代建築様式の場所があり、
すでに140年の歴史を有する中国唯一の公認仏教木版印刷発行所です。
鋸刃を改良し大した刃物でもないのにあんな見事に彫る技術はさすがです。
ハイス彫刻刀を持参し、国内産の彫刻刀もPR。
最近は余白をスマートカーバーを利用しているとか。

P1040458.jpg

P1040443.jpg

P1040428.jpg


中国革命の父とも呼ばれる孫文の墓にも行ってきました。
知っているようで知らない、孫文。
中山陵では天候も良く、広大な土地に一本道と長い階段を登り終え、
上から眺める景色は圧巻です。

P1040472.jpg
P1040473.jpg

P1040474.jpg

上海に戻った後は前職の先輩が上海に赴任となり
弊社商品と関連性があるということで商売へつながる可能性もあり
約20年ぶりに再会。
昔話に華を咲かせました。

10304698_799080296818357_3532003451964205575_n.jpg
カテゴリ :中国出張 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。